2019.06.06

マルチフィルムが土中で分解され消える!

以前から販売されている生分解性マルチフィルム。
通常のマルチフィルムより高価なため伸び悩んでいました。
しかし、通常のマルチフィルムは回収して産業廃棄物処理が必要なため、手間や処分する費用が発生していました。
そこで、トラクターで畑にすきこむことで土壌中の微生物によって二酸化炭素と水に分解される生分解性マルチフィルムがトータル的にみるとコストが安いのではないかと売れ始めました。
プラごみ問題も連日新聞に載っているように世界的な社会問題になっていますよね( ゚Д゚)
ストローを紙や間伐材で作るなど様々な変化が起き始めてます。
農業界も考えていかねばなりませんね~

ページトップへ